めいそう記録

青森県

仔猫の話

10市大祭典に行ってきました。

 

f:id:aomori44:20170923222747j:image

 

f:id:aomori44:20170923222802j:image

 

楽しんだのですが、帰りにアートステーション十和田のトイレに目も開いていない仔猫3匹が小さいカバンに入れられて置き去りにされていたのでその怒りで楽しい気持ちが吹っ飛びました。

 

というわけで以下は置き去りにした人間に対しての怒りしか書きませんので、心当たりのない方はスルーしてください。

 

目も開いていない仔猫を母猫から引き離して健康に育つと思いましたか?

 

トイレに置いて行ったら誰かが拾って世話してくれると思いましたか?

 

置いて行った方があの仔猫たちにとって幸せだなんて、自分がやった最低なことを正当化しようとしていませんか?

 

まだ目も開いてない猫を無事に育てるのはとても困難です。母猫があげるはずだったミルクや、排泄処理が行われないことでどんどん弱っていきます。

 

トイレに行ったらミャーミャーと鳴き声優しい方が近くの交番に持って行ってくださって、私はただついて行っただけです。引き取りたいとも思い悩みましたが、10年以上前に同じく目があいてない、生後間もない仔猫を保護した時手を尽くしましたが、弱って翌日に死んでしまいました。無事に育てる自信が無く、また看取る勇気もなくて警察にお願いしました。この選択が正解だとは私も思いませんが、色々考えても正解がわかりません。

育てたり里親に渡すことができないなら、母猫に産ませないでください。

去勢手術は可哀想だからしなかったとしたら、仔猫がいないのにお乳が張ってる母猫は可哀想じゃありませんか?

お金がなくてしなかったなら、そもそもお金がないなら生き物を飼ってはいけません。最後まで面倒を見られる経済的余裕が無いなら安易に飼わないで。ましてや育てられないなら捨てればいいと思ってる人なんて生き物を飼う資格なんかない。

 

あの仔猫たちがこの先どうなるかは私にはわかりません。看護してもらっているかもしれないし、今弱っているかもしれない。考えると本当に辛いです。どうか元気でいてほしいと思うとともに、こんな残酷なことをする人間が今後生き物に関わらないように、これ以上辛い目にあう仔猫が産まれないように。そう願っています。

 

まだまだ言いたいことはありますが、この辺で終わります。いつも読んでくださる皆さん長々と暗い話してしまい申し訳ありません。

 

 

広告を非表示にする